カードローン借り換えおすすめランキング【厳選4社比較】

カードローン借り換えおすすめランキング

カードローンでの借り換えは最近増えていますね。比較するのも大変だし「どこを選べばよいのか?」非常にわかりにくいです。そんな私はアコムを選んで正解でした。
カードローンの中でも金利が最低水準なのがアコムのカードローンです。金利の低さから、ぜひ検討して頂きたいです。

 

アコムなら金利3.0%〜18.0%で融資額は800万円まで

 

カードローン借り換えとは?

借り換えとは今より条件のよいカードローンに変えること

 

まず勘違いしがちなのはカードローンの「借り換え」と「おまとめ」の違いです。

 

カードローン借り換えおすすめランキング【厳選4社比較】

 

※現在の借入先からより条件のよいカードローンに変えることが「借り換え」です。

 

カードローン借り換えおすすめランキング【厳選4社比較】

 

※複数の借入先を1社にまとめることが「おまとめ」です。

 

借り換えのときに注意するポイントはどこにあるのでしょうか?
また借り換えカードローンはおまとめにも有利です。

 

選んではいけないカードローンの借り換え先

今以上の成果を出さない借入先なら選ばない

 

現在借入をしている状況であれば、「現在の借入先」を基準として考えるでしょう。
しかし現在の借入先が平均点ではない可能性をよく考えなくてはなりません。

 

一般的にはどのようなカードローンが平均的なものになるのか?それを知っていなければ大きな失敗を犯しかねないからです。

 

それでは選んではいけないカードローン借り換え先にはどのようなポイントがあるのでしょうか?
もちろん、利息制限法以上の金利を設定する高利貸しや、異常に金利が低い悪質な闇金などを除いた一般的な銀行カードローンから考えてみます。

 

手数料がかかる 返済の都度ATM利用手数料がかかるなど小さなコストが山積みになるケース
返済の自由が利かない 口座引き落としを基本としながらもそれ以外の随時返済に自由が利かないケース
借入希望額に対する金利が高い 融資限度額に応じて適用金利が決まるため自分が借り入れたい金額は金利が高かったケース

 

さまざまな銀行カードローンがあり、その多くは借り換えに対応しています。
むしろ借り換えには積極的にさえなっている状況です。
その中で今の借入先以上の成果を出せる借り換えでなければ意味のない借り換えになります。

 

比較しなければ借り換えカードローンは始まらない

自分にあった借入先を知るなら、自分の状況にあった比較ポイントを知ること

 

それでは借り換えで注目されている銀行カードローン4社を比較してみましょう!
どのような借り換えが向いているのか「状況によって異なる」ことがわかります。

 

金利を比較(主力各社)

各銀行カードローンの金利です。
比較をする際には注意するポイントがあります。
まずは金利だけをみてみましょう!

 

三井住友銀行カードローン(実質年率4.0%〜14.5%)

三井住友銀行カードローン

融資限度額 適用金利
100万円以下 年12.0%〜14.5%
100万円超200万円以下 年10.0%〜12.0%
200万円超300万円以下 年8.0%〜10.0%
300万円超400万円以下 年7.0%〜8.0%
400万円超500万円以下 年6.0%〜7.0%
500万円超600万円以下 年5.0%〜6.0%
600万円超700万円以下 年4.5%〜5.0%
700万円超800万円以下 年4.0%〜4.5%

 

住信SBIネット銀行カードローン(実質年率8.49%〜14.79%)

住信SBIネット銀行カードローン
※スタンダードコース

融資限度額 適用金利
10万円以上100万円以下 14.79%
100万円超200万円以下 11.99%
200万円超300万円以下 8.99%

 

金利の上限下限だけを見てみると直感的に「高い!」「低い!」が感じられます。
しかし実際に内訳を見てみるとどうでしょうか?
そこには融資額による違いがあることがわかります。

 

今度は借り入れたい金額によって金利にどのような違いがあるのかを比較してみましょう!

 

融資限度額 住信SBIネット銀行 三井住友銀行
カードローン 住信SBIネット銀行カードローン 三井住友銀行カードローン
100万円 14.79% 12.0%〜14.5%
200万円 11.99% 10.0%〜12.0%
300万円 8.99% 8.0%〜10.0%

 

借り換え金額によって、適用金利に大きな違いがあることがわかります。

 

ポイント

比較するのは金利のどこになるでしょうか。上限、下限、気になるところです。
返済実績を積むこと、つまり確実な返済を続けることによって適用金利は下がる可能性を持っています。

 

月々の返済額を比較

なぜ、借り換えを検討しているのかを考えてみましょう。
月々の返済額が負担になっている」ことも理由の一つではないでしょうか?
返済額の負担が少なくなるように希望する借り換え額によって、どのような変化があるのか比較しましょう!

 

借入残高 住信SBIネット銀行 三井住友銀行
カードローン 住信SBIネット銀行カードローン 三井住友銀行カードローン
30万円 10000円 6000円
50万円 10000円 10000円
100万円 20000円 15000円
150万円 30000円 20000円
200万円 30000円 25000円
250万円 40000円 30000円
300万円 40000円 35000円

 

借り入れたい金額によって返済額にも違いがあることがわかります。
現在の返済額を負担に感じ、返済額を下げたいならば比較しておかなくてはならない項目です。

 

ポイント

返済額を現状よりも下げたい、その切実な思いもわかります。
ただし大きなポイントがあります。

 

返済額が少ないと長期化し支払う利息が増えるばかりではなく、長い期間借金と付き合うことになります!

 

そのため「負担になり過ぎず長期化もしない適切な返済額」を探すことが重要です。

 

返済方法を比較する

現在の借入先で不便を感じていることの一つに、返済方法の利便性があるのではないでしょうか。
毎月の返済は口座引き落としのみ。
これでは便利ではあるものの積極的に返済を進めていくことができません。
また随時返済は受け付けているけれども限られたATMにしか対応していないということもあります。

 

  住信SBIネット銀行 三井住友銀行
カードローン 住信SBIネット銀行カードローン 三井住友銀行カードローン
    手数料   手数料
口座引落 無料 無料
専用ATM ×
コンビニATM
提携ATM ×  
ネット返済 振込手数料

 

ご覧になってもわかるように、銀行カードローンでは「返済方法が豊富にあり手数料が無料」であることが一般的となってきました。

 

ポイント

随時返済が可能になるのか?返済期日はいつになるのか?その調整ができることも重要です。
また、利用できるATMはどこにあるのかも事前にチェックすることで後々便利になるでしょう。

 

新たな借入先を作る、それが借り換え

申し込みの手間と時間をできるだけ省きたい

 

現在の借入先から、別の借入先に借入金額を移す、それが借り換えの流れです。

 

カードローン借り換えの流れ

 

新たな借入先を作る、つまり借入件数が2社になることでもあります。
新規申し込みを行い、初めてのカードローン同様に融資実行までの流れがあります。

 

実は比較するほど重要なことではありませんが、やはり手間は省きたいのは正直なところでしょう。
それでは考えられる「申し込み時の手間」にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

口座開設の必要がある

返済には口座引き落としが欠かせません。
毎月返済のためにATMに向かわなければならないのであればどうしても都合がつかないことも出てくるでしょう。
確実に返済をするためにも口座引き落としは「基本の返済方法」として使いたいものです。

 

しかし、口座引き落としがその銀行の口座にしか対応していないということもあります。
例えば三井住友銀行カードローンは口座引き落としに対応していますが、三井住友銀行口座をお持ちの方のみです。
また口座引き落としが原則となる銀行カードローンもあるため「口座開設が必須」というのは珍しい条件ではありません。

 

ところが口座開設を行うと郵送であれば2週間〜3週間はかかります。

 

申し込みから融資までに長い期間がかかる

通常、銀行カードローンに申し込みをすると審査結果、融資実行までには少なくとも3営業日がかかります。
また審査に時間がかかった場合、それ以上の期間になることもあり余裕がない日程では安心できません。

 

現在の借入先への次回返済までには借り換えが完了しているように余裕を持ちましょう。

 

申し込み方法が来店しかない

現在はインターネット申し込みが全国展開をしている銀行カードローンであれば主流となりました。
しかし、まだまだ地方銀行などでは来店が必須となっていることもあります。
むしろ来店が基本になると考えて良いでしょう。
銀行営業時間は平日の9時〜15時程度となっており、通常は就業している時間外に重なります。

 

インターネット申し込みであれば24時間受付となっているため時間に制約されることはありません。

 

ポイント

借り換えが完了したら完済した借入先は解約をするのも方法の一つです。
借入件数が多ければそれだけ「今後も借入をしてしまう可能性」があり、さらには「今後のローン審査に件数が影響する可能性」があります。
住宅ローン、自動車ローンなどでも借入件数は審査で重要視される項目です。

 

まとめ

カードローンでオススメするのは三井住友銀行カードローンです。

  • 口座開設不要
  • 来店不要・ネット申込みOK
  • 契約極度額は最高800万円

借り換えにメリットはある?

消費者金融から消費者金融へ。銀行カードローンから消費者金融へ。この借り換えにはメリットがあるとはいえません。まず消費者金融に借り換えることにメリットはありません。

 

消費者金融はどんなときに利用する?

そもそも消費者金融は、「ちょっとだけすぐに借りたい」ときに利用するもの。

 

消費者金融の魅力は・・・

  • 申し込みから融資までのスピードが早い
  • 借入、返済方法が豊富
  • 無利息期間サービスもある

 

消費者金融の欠点は・・・

  • 金利が高い
  • 総量規制がある

 

消費者金融は選び方と使い方を間違えなければ決して怖いものではなく、利便性の高いキャッシングを提供しています。その使い方とは「少額を短期間で返済する」というもの。少しの金額だから「総量規制」を心配することなく、すぐに返すから「金利が高くても」無利息期間と豊富な返済方法を使って無理なく返済ができます。

 

それでも大きな金額を借り入れることには向いていません。その理由は「少額を短期間で返済する」とは真逆のこと。大きな金額であれば総量規制に抵触する可能性があり、なおかつ金利が高いため長期の返済ともなれば利息は膨大になります。

 

実際に大手消費者金融の金利18.0%でシミュレーションをして見ましょう!

 

10万円を2万円ずつ返済した場合
  消費者金融金利18.0% 銀行カードローン金利14.5%
返済額 20000円
返済回数 6回 6回
返済総額 104,750円 103,786円
利息総額 4,750円 3,786円

 

消費者金融の金利が18.0%、銀行カードローンは融資限度額に応じて適用金利が決められていますが一般的には10万円の借入では金利は14.5%です。10万円を月に2万円ずつ返済をすると返済回数はどちらも6回、つまり半年で完済です。

 

支払う利息の総額は消費者金融4750円、銀行カードローン3786円です。その差額はわずかに964円です。短期間で返済ができるだけの少額キャッシングであれば結果に大きな違いがないことがわかります。

 

一方で50万円となればどうでしょうか?

 

50万円を3万円ずつ返済した場合
  消費者金融金利18.0% 銀行カードローン金利14.5%
返済額 30000円
返済回数 20回 19回
返済総額 579,706円 561,719円
利息総額 79,706円 61,719円

 

いよいよ返済総額に差が出てきました。その差は17987円。借入額が大きくなればなるほどどんどん差が出てきます。

 

今度は200万円でシミュレーションをしてみましょう。消費者金融は利息制限法に基づいて100万円以上の借入は上限金利が15.0%までとなっています。一方で銀行カードローンは100万円超の融資限度額が適用になると金利が大きく下がります。例えば三井住友銀行カードローンでは100万円超借入時には適用金利が10.0%〜12.0%です。

 

200万円を5万円ずつ返済した場合
  消費者金融金利15.0% 銀行カードローン金利12.0%
返済額 30000円
返済回数 56回 52回
返済総額 2,789,895円 2,566,900円
利息総額 789,895円 566,900円

 

いよいよ返済総額の差は222995円、20万円を超えました。借入額と、返済額、金利の違いが大きな影響を出すことがわかります。

 

少額の借入でそれほど長い期間ではない返済を計画しているのであれば、現在利用している消費者金融からより利便性の高い消費者金融に借り換えるという選択肢もあるでしょう。しかし大きな金額を借り換えるときには「消費者金融→消費者金融」「銀行カードローン→消費者金融」の選択肢はありません。

 

借り換えの審査は「初めてのキャッシング」とは違う

初めてキャッシングをするとき、「借りた」という実績はないものの「返済しなかった」という履歴もありません。つまりまっさらな状態。審査では3つ、重要な項目がありますが、初めてのキャッシングではこの中で最も重要な「過去の債務状況」がきれいなままとなっているため有利であるとされています。審査で重要な3つの項目を次に述べます。

 

@申込書に記入した内容で属性スコアリング

カードローンに申し込みをするときには申込書に入力します。一度カードローンに申し込みをした経験がある方であればおわかりになるでしょう。そこに入力する項目は細かなものであり、勤務先の従業員数まで書かなくてはなりません。家族構成も、居住年数も、一見するとまったく融資を受けることにかかわるとは思えない項目も並びます。

 

これら、申込書に記入する項目の一つ一つは「属性」と呼ばれるもの。属性に点数をつけて採点する、それが属性スコアリングと呼ばれる審査です。もちろん高評価であるほど高い点数となりますが、ひとつ高評価だったとしても大きく評価が低いものも出てくる可能性があります。逆に評価が低い属性があっても評価が高い属性があれば採点の結果は悪いものではありません。

 

わかりやすいものでみてみましょう!

 

属性

 

自己所有の持ち家であれば最も評価が高くなります。家族名義の持ち家、官舎、社宅と続きます。これだけをみてみると「住まいにかかるお金」が問題になっていることがわかりますが、その続きを見てみると公営住宅や下宿など住まいにかかるお金がそれほど高いとはいえないながらも評価が低い居住形態があることもわかります。

 

どれだけお金がかかるのかと同時に、収入状況もかんがみていることがわかるでしょう。

 

居住形態だけで属性スコアリングを決めるのではありません。そのほかにもさまざまな属性があります。

 

  • 年収
  • 勤務先会社の規模
  • 従業員数の規模
  • 勤続年数
  • 健康保険の種類
  • 住居形態
  • 居住年数
  • 家族構成
  • 連絡先

 

大きくみてみるとこの程度は属性となりますが、それ以外にもカードローンによって審査対象とする属性は異なります。

 

パート、アルバイトの方も申し込みが可能な銀行カードローンもありますが、属性が低いと嘆くことはありません。勤続年数が長い、居住年数が長いなどほかに高評価を得ることができます。

 

A過去の債務状況を個人信用情報機関で

過去の債務情報とはその名のとおり、これまでの借金情報です。日本には3つの個人信用情報機関があります。個人の債務情報を集約している機関です。

 

  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)
  • 株式会社シー・アイ・シー(CIC)
  • 株式会社日本信用情報機構(JICC)

 

貸金業法によって貸金業者は、CICとJICCに加盟することが義務付けられています。銀行はKSCに加盟しています。

 

債務を負ったひとりひとりの情報を集約した場所があるなど本当にあるのか不思議に感じるかもしれません。申し込みをしたときから個人信用情報機関には記録されています。

 

銀行カードローン、消費者金融、クレジットカードなどの金融機関は個人信用情報機関に加盟しています。個人信用情報機関は3つありますが、加盟している個人信用情報機関にしか「情報の提供」と「情報の照会」ができません。気になるのは、個人信用情報機関にはどのような情報が提供されているのか?でしょう。

 

まず覚えておきたいのは「申し込みをした時点」から個人信用情報機関に記録されているということ。それは審査に通った、通らなかったのかは関係ありません。申し込みの事実から記録されています。それでは株式会社シー・アイ・シー(CIC)に保有されている情報にはどのようなものがあるのかをみてみましょう。

 

信用情報の種類 主な情報項目 詳細 保有期間
申込情報 クレジットやローンの新規申込みにおける支払能力を調査するため、加盟会員が照会した事実を表す情報 ■本人を識別するための情報 氏名、生年月日、郵便番号、電話番号等 照会日より6ヶ月間
■申込み内容に関する情報 照会日、商品名、契約予定額、支払予定回数、照会会社名等
クレジット情報 加盟会員と締結した契約の内容や支払状況を表す情報 ■本人を識別するための情報 氏名、生年月日、性別、郵便番号、住所、電話番号、勤務先名、勤務先電話番号、公的資料番号等 契約期間中および契約終了後5年以内
■契約内容に関する情報 契約日、契約の種類、商品名、支払回数、契約額(極度額)、契約終了予定日、登録会社名等
■支払状況に関する情報 報告日、残債額、請求額、入金額、入金履歴、異動(延滞・保証履行・破産)の有無、異動発生日、延滞解消日、終了状況等
■割賦販売法対象商品の支払状況に関する情報 割賦残債額、年間請求予定額、遅延有無等
■貸金業法対象商品の支払状況に関する情報 確定日、貸付日、出金額、残高、遅延の有無等
利用記録 クレジットやローンの利用途上における支払能力を調査するなどのため、加盟会員が照会した事実を表す記録 ■本人を識別するための情報 氏名、生年月日、郵便番号、電話番号等 利用日より6ヶ月間
■利用した事実に関する情報 利用日、利用目的、利用会社名等

 

実に詳細が記録されていますが、「支払い状況に関する情報」こそ非常に重要な項目です。返済が行われたのか、行われていないのか、そんな二択で記録されているのではありません。連絡があって入金をしたのか、連絡なしなのか、そこまで記録されています。

 

過去の債務、現在の債務が個人信用情報機関への照会ですべてが明らかになります。借りすぎていないか、過去の返済は間違いなく行っているのか。それは審査には非常に重要なポイントとなります。

 

B本当に勤めている!?在籍確認

申込書に記入した勤務先に本当に勤めているのかを確認するのが在籍確認です。カードローン会社によっては在籍証明書として収入証明書類と保険証で確認することもありますが稀なことです、原則としてカードローンは消費者金融であれ、銀行カードローンであれ、勤務先に直接電話をかけて在籍していることを確認します。

 

勤務先に直接電話、これが大きな不安のひとつでもあります。

 

銀行カードローンは基本的には在籍確認の担当者が個人名を使って電話をかけています。しかし、個人が携帯電話を持っている時代に、勤務先に個人名で電話をかけてくる人など早々いるものではありません。明らかにキャッシング審査のためとばれてしまうでしょう。

 

そのまま銀行名を名乗ってもらうという方法が最も安全と考えられます。銀行名を出してもらえれば「通帳を作るのに不備があった」「新預金商品の営業電話だった」など考えられる言い訳はあります。

 

よくある間違いとして申込書に勤め先電話番号を間違った、本社を記入してしまったということがあります。実際に自分が勤務している会社の電話番号を記入しなければ、こちらの間違いであったとしても銀行カードローンの審査で「うそ」として判断されてもおかしくはありません。

 

銀行カードローンはもうひとつ審査がある
銀行カードローンには保証会社があります。いわゆる保証人と同じ役割を持っています。保証会社は貸金業者であることが多く、個人信用情報機関2つに加盟をしています。銀行カードローンに申し込みをすれば銀行の審査でKSC、保証会社の審査でJICC、CIC、つまりすべての個人信用情報機関で照会されます。

 

借り換えなら審査では何が重要になる?

借り換える、ということはすなわちどこかからの買い入れがすでにあるということ。最も重要になるのは返済実績にほかなりません。これまでの利用に返済の遅れが頻発した、長期の遅延があったということはありませんか?借り換えをするならコレまでの返済状況を今一度思い起こして見ましょう。