借り換えをする意味

借り換えをする意味

利用中のカードローンに何か不満がありますか?
借り換えの意味を考えていきましょう。
実は借り換えをすることの意味は金利だけではありません

 

返済が進まない場合

借り換えをする最も多い理由は、返済が思うように進まないことでしょう。

 

手元に利用明細書があればそれを、ない場合にはインターネットの会員サービスにある取引履歴を確認してみましょう。
もしその詳細が分からない場合には、利用中のカードローン会社に問い合わせることをお勧めします。
例えば消費者金融の利用明細書は、自社ATMを利用することで詳細なものが発行されます。

 

現在の借入残高適用金利今回返済した金額とその元金と利息の内訳次回返済日や次回返済額完済予定日などそれこそ詳細な内容となっています。

 

状況を把握するためには非常に重要なものです。

 

返済状況を確認しましょう。

 

特に注意したいのは金利、返済額、その内訳です。
適用されている金利はどの程度でしょうか。
消費者金融ならば18.0%、銀行カードローンであれば15.0%以下が適用されていることと思います。

 

この金利は後から借り換えのために真剣に考えなければならない項目ではありますが返済額も確認してみましょう。
返済額の内訳は元金に充当される金額と利息として支払う金額です。
思いのほか元金充当金額が少ないのではないでしょうか。

 

利息は金利と借入残高と借り入れ日数によって決まります。
つまり返済額の中で最も先に決まるのは利息です。

 

そして返済額をいくらにするのかによって元金に充当される金額がいくらになるのかが変わります。

 

利息を理解しないままの返済であれば元金充当額が少なく、毎月返済をしていても利息の支払いが大部分を占めてしまいます。
結果として元金の返済が思うように進んでいないという状況です。

 

より低い金利に借り換えをすると同時に、利息を算出するための借り入れ日数についても見直す必要があります。

 

返済が面倒な場合

返済額の用意が負担ではないにしろ毎月の返済方法が面倒ということもあるかもしれません。
消費者金融であれば返済方法が豊富です。

  • インターネット返済
  • 自社専用ATM
  • 提携コンビニATM
  • 口座引き落とし

これだけの返済方法が標準的なものとして用意されています。

 

一方銀行カードローンは返済方法が多くはありません。

  • 口座引き落とし
  • 自社専用ATM
  • 提携コンビニATM

これだけあれば十分と思われるかもしれませんが、消費者金融にあるインターネット返済は出向く必要がないため非常に便利なものです。

 

どれほど返済方法が充実していたとしても、自分にとって都合の良いものでなければ意味がありません。
提携コンビニATMが便利だといってもその都度利用手数料を支払わなければならないのは良い気がするものでもありません。

 

返済に面倒が生じるために、返済期日を過ぎてしまうこともある、利息を軽減させるための借り入れ日数を節約することもできないとなればどうでしょうか。
カードローンの基本は返済にあります。
いかに借り入れをするのかではなくいかに返済をするのかが重要です。

 

そのため借り入れの方法が面倒であれば、例え同金利だったとしてもより返済がしやすい環境にある方が積極的に返済を進めることもでき借り入れ日数を節約することができますので結果として利息を抑えることができます。

 

現在よりも返済のしやすい状況が用意されているカードローンへの借り換えも検討できるでしょう。

 

毎月の負担が大きすぎる場合

各カードローンでは毎月の最低返済額が決められています
返済方式によって最低返済額が決まりますが、カードローンによってその金額は大きく異なります。

 

例えば、同じ10万円を借り入れたとしてもはっきりとした違いがあるのです。
三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックでは2,000円と他のカードローンと比較しても相当に低い返済額で済みます。
しかし、同じくメガバンクであるみずほ銀行であれば毎月の最低返済額が10,000円です。
返済額が低ければよいというものでもなく、返済額が高ければそれだけ完済が早まるメリットがあります。

 

しかし返済以外にも私たちは毎日の生活を営んでいかなければなりません。
返済額が負担となり用意ができないのであれば、状況によっては返済するための金額を借り入れによって賄うことになりかねません。

 

毎月の返済額の負担が大きすぎる場合、返済額を抑えるための借り換えも検討しましょう。