最終手段の債務整理はリスクが高い

最終手段の債務整理はリスクが高い

多重債務に苦しんでいると、もしかすればおまとめよりも先に債務整理が思い浮かんでいるかもしれません。
確かに、借金に困窮している状況から解放されたい気持ちはよくわかります。

 

しかし債務整理には大きなリスクが伴います。

 

まずは、おまとめをすれば返済ができるのかどうか、それを検討したうえで判断をしましょう。
単純に状況が混乱しているだけということはよくあることです。
借り入れ先が1社になればそれだけで返済がしやすい状況が作られることがあります。
もしかすれば、おまとめをすれば返済ができるかもしれません。

 

それでも返済が難しい、もしくは収入が借り入れ当初とは変わり返済ができなくなったのであれば、債務整理は考えなくてはならないかもしれません。
ただし、自分だけの意思で判断するほどに簡単なことではありません。

 

債務整理を行う弁護士に依頼した方が安心でしょう。
司法書士でも債務整理の依頼を受けていますが、金額が大きくなると司法書士が対応することができません。
初めから弁護士に依頼することが、余計な時間やコストを掛けずに済むはずです。

 

債務整理にはいくつかの種類があります。
安易な方法で決めつけることはできませんので確認をしておきましょう。

 

任意整理

業者との直接交渉で和解があれば利息はなくなります。

 

特定調整

業者との直接交渉で和解があれば利息はなくなります。

 

個人再生

住宅ローンを除いた債務が20%までになります。

 

自己破産

免責が決定すると債務は全額免除になります。

 

どの方法を見ても、多重債務に苦しんでいる方であれば救世主のように感じられるでしょう。
しかし、それぞれにメリットがありますがデメリットもあります。

 

いずれにも共通するのは個人信用情報機関に債務整理の事実が登録されることです。

 

債務整理をしたという事実は5年から長い時には10年ほど登録されます
業者側にとって債務整理は遅延以上の金融事故です。
その情報が登録されている期間は、新しい借り入れはおろか、クレジットカードの申し込みも、携帯電話の分割購入もできません。
審査で必ず個人信用情報機関に照会され確認される情報です。
金融事故、これはすなわちブラックと呼ばれている状況です。

 

おまとめをするときには元金に変動がありません。
変わるのは金利を考えたときの利息だけです。

 

しかし、返済を放棄するわけではありませんので個人信用情報機関に金融事故としての記録が残ることはありません
債務整理は金額自体を変え、さらには借金を帳消しにすることもできる方法です。
まるで魔法のようではありますが、使ったことを後悔する可能性は高いはずです。

 

現代に生きる私たちにとって債務と関わらない生活は難しいでしょう。
ローンを組めない、これがどれほどにマイナス要素となるのかさまざまな場面で思い知らされるはずです。
最後の最後の手段である、債務整理はそう考えておきましょう


銀行でお金を借りる【2017年】おすすめ低金利カードローン

×