おまとめをする意味

おまとめをする意味

いくつものカードローンからの借り入れをしているとき困った状況に陥っているのではないでしょうか。
はっきりと何が困っているのかもわからない状況かもしれません。

 

  • 返済状況
  • 適用金利
  • 返済日

 

なにもかもがばらばらになっているはずです。
毎月流されるように返済を行い、月に何度もその返済はやってくる、これでは返済が難しいのは当然のことです。

 

なぜこれほどまでに借り入れ先が増えてしまったのかは後から考えるとしても、現状を変えなくてはなりません。
債務整理も頭をよぎっていることでしょう。

 

しかし返済が困難なのではなく混乱しているだけかもしれません

 

債務整理を考える前に状況を整理することを考えてみましょう。
多くの場合、借り入れ先が多くなっていることに混乱しているだけで状況を簡潔にすると返済が楽になるものです。
債務整理は最後の手段とし、まずは整理をすることから始めましょう。

 

その方法がおまとめです。

 

いくつもあるカードローンの残高を1社にまとめます
金利を下げること、利息を節約することなど、多くのメリットがありますが実際の利用者にとってもっともおまとめの効果を実感するのは「返済日が月に一度になったこと」でしょう。

 

消費者金融では総量規制があり、いくつもの借り入れ先からの総額をおまとめすることは難しいと思われるかもしれませんがそんなことはありません。
総量規制の例外としておまとめローンは認められています。
消費者金融は総量規制に基づいたおまとめローンが商品として用意されています。

 

銀行カードローンでは総量規制がありませんのでフリーキャッシングの中でおまとめができます。

資金使途自由とされている銀行カードローンでは事業性のある融資以外は認められています。

 

今の状況は苦しいかもしれません。
返済に追われる毎日で得た収入の大半は返済に消えていることでしょう。
いつ終わるかもしれない借金は返済を続けていることが無駄に感じることもあるかもしれません。

 

状況を見つめ改善をしましょう。

 

初めてカードローンを利用した時を思い出してください。
金利がいくらであるのか、利息はいくらであるのか、返済の状況を把握できていたのではないでしょうか。

 

複数の借り入れ先があることで把握できなくなっているだけかもしれません。
おまとめをして1社だけの返済にすればまた理解できる状況に変化することは大いに考えられます。

 

利息を考えた返済ができるでしょう。
元金が減っていくことを実感するでしょう。

 

多重債務に陥っている時は、それが多重債務であると感じる余裕もなくなっているものです。
解決するためには動きださなくてはなりません。
今の状況をこのまま続けたところでまた来月も苦しい返済が待っています。

 

来月の返済までにおまとめをしておきましょう。
それが十分に可能なのです。