消費者金融から銀行への借り換え

消費者金融から銀行への借り換え

返済を考えるなら、消費者金融からの借り入れを銀行カードローンの借り換えにするのは良い案です。
借り入れ金額、借入期間が同じであれば金利が低いカードローンの方が利息を抑えることができるからです。

 

銀行カードローンと消費者金融の金利の違いについてご説明しましょう。

 

消費者金融の金利はご利用中の方であればお判りになると思いますが不透明なものです。
何度返済をすれば金利が引き下げとなるのか、それも心配かもしれません。

 

多くの場合、消費者金融の金利は上限金利が適用され引き下げとなることはほとんどありません
借り入れを始めてから完済するまでの間、上限金利である18.0%〜20.0%が適用されることは決して珍しいことではありません。

 

一方銀行カードローンの金利はどうでしょうか。
金利は、消費者金融のように幅がありますが融資限度額に応じて適用金利が決められています
消費者金融とは違い明確であることが銀行カードローンのメリットでしょう。

 

借り入れ金額が小さく、すぐに返済ができる金額であれば消費者金融の利用を続けても問題はないはずです。
しかし、借り入れ金額が大きく返済が長引いているようであれば金利を考え直さなくてはなりません

 

利息は金利と借り入れ金額と借入期間に応じて増えていきますので、そのどの項目も大きな数字であれば当然利息は膨らみます。
消費者金融の18.0%〜20.0%で借り入れをするのと、銀行カードローンの15.0%以下で返済をするのとでは違いが出てくる可能性も少なくはありません。
利息を抑えることで返済が楽に変わります。
少しでも返済を楽にするために銀行カードローンへの借り換えも検討してみましょう。

 

しかし、心配になるのは使い勝手ではありませんか?
消費者金融の便利な使い方に慣れてしまっていれば銀行カードローンのサービスに不満を持つかもしれません。
ところが現在の銀行カードローンは不便ばかりではありません。
即日融資ができるだけではなく、借り入れや返済にも自社ATMだけではなく提携コンビニATMも利用できます。
三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックであれば提携ATM利用手数料が無料になっており余計なコストをかけない利用ができます。

 

消費者金融は本当に比較し尽くした借り入れ先だったでしょうか。
今度は後悔をしない銀行カードローン選びをしましょう。