プロミスにまとめる

プロミスにまとめる

消費者金融でも最大手とされているのが、SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスです。

 

消費者金融からの借り入れを、消費者金融にまとめることに疑問があるかもしれません。
もちろん、銀行カードローンの方が金利も低く利息が抑えられますので返済は楽になります。
ところが、銀行カードローンではおまとめ専用の商品が用意されていることが少なく、仮にあったとしても前年度の年収が200万円以上400万円以上と条件があるものです。
消費者金融のおまとめローンは利息を考えた商品として使うのではなく、まずは現在あるいくつもの借り入れ先を一つに絞り返済実績と信用を積んで銀行カードローンに借り換えるための中継ぎとして考えましょう。

 

プロミスのおまとめローンは総量規制対象外として別途用意されている商品です。
融資額は最大300万円までとなっており原状回復には充分な額となるでしょう。
それでも気になるのはやはり金利です。
プロミスのおまとめローンは金利が6.3%〜17.8%となっており上限金利は通常のフリーキャッシングと変わりありません。
ここで利息制限法を思い出してみましょう。

  • 元金10万円未満の上限金利は20.0%まで
  • 元金10万円以上100万円未満の上限金利は18.0%まで
  • 元金100万円以上の上限金利は15.0%まで

 

今ある借り入れ金額の総額はいくらでしょうか。
おまとめをするだけに10万円未満ということはないでしょう。

 

100万円未満であれば、プロミスのおまとめローンでも上限金利の17.8%が適用される可能性はありますが、100万円以上であれば金利は変わります。
利息制限法に基づき100万円以上の元金の場合上限金利は15.0%以下でなくてはなりません。
消費者金融からの借り入れならば、現在はそれぞれの借り入れ金額に対し18.0%か20.0%が適用されているでしょう。
まとめてみれば総額が100万円を超しているというのであれは消費者金融のプロミスでも金利を銀行並みに下げることができます

 

さて、プロミスのおまとめローン利用の流れをここで確認しておきましょう。
多くの消費者金融と同じように、プロミスでもおまとめローンに限ってはインターネットからの申し込みができません
自動契約機か店頭窓口での申し込みとなります。
店頭窓口はお客様サービスプラザとして全国に18店舗がありますが、担当者が窓口で対応をしますのでおまとめについて相談をしながら申し込みができるメリットがあります。
審査が開始されますが、来店での申し込みになりますのでその場で結果がわかります。
可決となれば契約となりここまでの流れは通常のフリーキャッシングと変わりありません。
違うのはここからです。

 

フリーキャッシングの借り入れの時には現金をATMから引きだしていましたが、おまとめローンは現金を手にすることはありません
プロミスが契約者の名義で各借り入れ先に完済分を振り込みます
この際の振込手数料は無料です。

 

プロミスが契約者の代わりに完済をしていますので、後はプロミスに返済をしていく、これがおまとめローンの流れとなっています。

 

資金使途がほか貸金業からの借入金返済に限るとなっていますので、消費者金融への返済以外には利用ができません
プロミスに立て替えてもらった完済金額をプロミスに返済していくこととなり、追加融資ができないプランです。

 

毎月1回の返済になる、それだけでも十分におまとめをした意味があるでしょう。
これまでは月に何度も訪れる返済日に翻弄されていたことと思います。
金利を考える暇も、利息を計算する余裕もなければ、返済日までに返済額を用意することだけを目標として返済をしているでしょう。
余裕がない状況です。

 

人はお金の問題に直面した時、思考の大半をその時間に費やすことになってしまいます。
覚えがあるでしょう。
借金があるからあれもできないこれもできない、将来設計も立てられない、その苦痛は分かります。
今、動き出せば来月の返済日には1社だけの返済でよいのです。
しかし、今月もまた流されるように返済をすれば来月もまたその繰り返しです。
動き出すには腰が重いかもしれません。
今しかない、そう考えて立ち上がってみませんか。