ショッピングのリボ払いをカードローンで借り換えるメリット

詳しく理解しないと失敗する!ショッピングのリボ払い

 

便利で計画が立てやすい、それがリボ払いの特徴です。クレジットカードを利用するリボ払いになることが一般的です。リボ払いとはいったいどんなものでしょうか?一般的なイメージとして「定額」が挙げられます。

 

リボ払いとは
クレジットカードでの支払い方法のひとつ。支払い残高に応じて毎月の支払金額があらかじめ決められています。毎月の支払額は元本返済額だけではなく手数料額も含まれています。

 

  1. 残高スライド方式
  2. 定額方式

 

大きく分けると2種類のリボ払いがあります。多く採用されているのは「支払い残高にかかわらず毎月一定額の支払になる定額方式」です。手数料を抜きにして簡潔に定額方式リボ払いを見てみましょう!

 

定額方式リボ払い

 

ご覧になってもわかるように、買い物をして支払い残高が増えても毎月の支払額は固定されています。

 

支払い状況が分かりづらい

支払いをすれば毎月の支払額が減る、というものではありません。毎月一定額の支払になるため「いつになったら支払いが終わるのか」という実感がわきにくい欠点があります。また、新たにクレジットカードを利用して買い物をして支払い残高が増えても、毎月の支払額は変わりません。支払額が変わらないというメリットの反面、支払い終期は延びていきます。

 

毎月いくらの支払額になっている

負担が少ないほうが良い、そう考えて毎月の支払額を5,000円程度に設定している方は少なくありません。支払額が少ないことは毎月の負担を軽減させることには非常に有効ですが、逆に支払期間が延びることも覚えておかなくてはなりません。支払期間が延びるということはそれだけ「手数料の支払い」が多くなるということです。

 

チェックしよう!

クレジットカード会社から毎月利用明細書が郵送されてきます。郵送ではなくWEBで確認ができる場合もあります。利用内容、次回支払額、支払い残高、そして手数料。実に細かな項目が記載されているので現状を把握するためにも確認が必要です。

 

クレジットカードのリボ払い、手数料は?

手数料と呼ばれていますが、実に様々な手数料があります。

 

年会費

年会費はピンからキリまであります。例えば年会費無料、初年度年会費無料、というのは最近よく目にするクレジットカードです。また、信用度の高いクレジットカードになると年会費が30万円ということもあります。

発行手数料

カード発行のための手数料です。基本的には無料で発行されていますが、300円程度がかかることもあります。

支払手数料

これが金利手数料と呼ばれるものです。一括払い、1回でのボーナス払いであれば手数料は無料になることが大半ですが、複数回以上の分割払い、リボ払い、ボーナス払いになると支払い残高に対する金利手数料が加算されています。

解約手数料 解約手数料を設定しているクレジットカードは少ないものの、例えばJCB CARD EXTAGEでは5年以内の解約には手数料2,000円がかかるとしています。

 

さて、気にしなければならないのは「支払手数料」、ということがお分かりになったでしょう。実質には金利を指しています。消費者金融や銀行カードローンでも金利もしくは実質年率という呼び方をしていますが同じものです。

 

クレジットカードの場合には手数料という呼び方をしているために「少額程度」とイメージされています。ところが実はそうでもありません。こちらをご覧ください!

 

オリコカード 15.00%
ニコスカード 15.00%
セゾンカード 14.52%
DCカード 15.00%
三井住友カード 15.00%
楽天カード 15.00%
JCBカード 13.2%〜15.0%

 

有名どころだけを挙げていることはおわかりでしょう。ほとんどの実質年率が15.0%です。ご存じなかったのではないでしょうか。クレジットカードのリボ払いにも実質年率、つまり金利が加算されています。

 

ポイント!

問題はリボ払いによって支払い残高の減りが悪いクレジットカードでは金利による手数料が高額になりやすいということです。「支払い手数料=支払い残高×実質年率÷年間日数×1か月」そのため、クレジットカードのリボ払いは手数料が高くなる傾向が強くあります。

 

無駄な手数料を払うなら借り換えの選択も

借り換えのメリット1・金利が低くなる

例えば銀行カードローンであれば融資限度額に応じてあらかじめ決められている金利があります。銀行カードローンの金利を比べてみましょう!

 

融資限度額 オリックス銀行 三井住友銀行 三菱東京UFJ銀行
カードローン オリックス銀行カードローン 三井住友銀行カードローン 三菱東京UFJ銀行カードローン
100万円未満 12.0〜17.8% 12.0%〜14.5% 12.6%〜14.6%
100万円 9.0〜14.8%
100万円超150万円以下 9.0〜14.8% 10.0%〜12.0% 9.6%〜12.6%
150万円超200万円以下 6.0〜12.8%
200万円超300万円以下 6.0〜12.8% 8.0%〜10.0% 7.1%〜9.6%
300万円超400万円以下 4.5〜8.8% 7.0%〜8.0% 6.1%〜7.1%
400万円超500万円以下 4.5〜8.8% 6.0%〜7.0% 4.6%〜6.1%
500万円超600万円以下 3.5〜5.8% 5.0%〜6.0%  
600万円超700万円以下 3.5〜5.8% 4.5%〜5.0%
700万円超800万円以下 3.0〜4.8% 4.0%〜4.5%

 

今お手持ちのクレジットカード実質年率と比べてみましょう!

 

借り換えのメリット2・返済額の調整ができる

より早く返済をすることで利息が抑えられるのは、銀行カードローンもクレジットカードも同じことです。リボ払いになると毎月の支払額が固定となるために調整がきかない欠点があります。銀行カードローンでは「最低返済額」が決められていますがそれ以上の返済は自由。計画を立てた返済ができます。

 

借入残高 オリックス銀行 三菱東京UFJ銀行 住信SBIネット銀行 三井住友銀行
カードローン オリックス銀行カードローン 三菱東京UFJ銀行カードローン 住信SBIネット銀行カードローン 三井住友銀行カードローン
30万円以下 7000円 6000円 10000円 10000円
50万円以下 10000円 10000円 10000円 10000円
100万円以下 20000円 20000円 20000円 15000円
150万円以下 30000円 30000円 30000円 20000円
200万円以下 35000円 40000円 30000円 25000円
250万円以下 40000円 50000円 40000円 30000円
300万円以下 45000円 60000円 40000円 35000円

 

また返済方法も豊富に用意されており、基本の口座振替のほか、ATMからも自由に返済ができます。最低返済額を支払っても、「今月は余裕がある」となれば利用手数料無料のATMから少しでも返済を追加することもできます。

 

便利といわれていたリボ払い、現在は日本クレジット協会でも「リボ払いを理解して使いましょう!」と警鐘を鳴らしている状態です。本当にそのリボ払いは無駄がないのか、今一度検証してみましょう。